Home > ビタミンKと飲んではいけない薬

ビタミンKと飲んではいけない薬

ビタミンKが多く含まれる食品と一緒にとってはいけない薬の種類は、いくつかあるので覚えておくと便利です。

まず、クロレラは血液凝固防止薬と一緒にとってはいけません。クロレラにはビタミンKが多く含まれているため、血液凝固防止薬の効き目を弱まらせてしまうからです。同様に、青汁(ケール)も薬の効き目を弱まらせてしまうことがあります。クロレラも青汁も健康に良いと言われていることから、サプリメントとして摂取する人も多くなっていますが、血液凝固防止薬を利用している人は積極的に摂取することはできないと覚えておくと安心です。

それから、毎日の食事に欠かせない納豆も血液凝固防止薬との飲み合わせに注意が必要です。納豆には多くのビタミンKが含まれており、これによって薬の効果を弱まらせてしまうことがあるのです。納豆の他には緑黄色野菜や海藻、そしてレバーなども挙げられます。これらの食品は血液凝固防止薬として知られるワーファリンとの相性が悪いと覚えておくことをお勧めします。