Home > 牛乳と一緒にとってはいけない薬の種類

牛乳と一緒にとってはいけない薬の種類

牛乳と一緒にとってはいけない薬の種類があります。毎朝、牛乳を飲む人や薬を服用しなくてはならないという人は注意が必要です。飲み合わせによって体に支障が出てしまうことがあるからです。

代表的なものとしては血液凝固剤を服用する場合です。血液凝固剤はビタミンKとの関係によって、薬自体の効果を抑えてしまうことがあるのです。これでは薬を服用している意味がなくなってしまいます。ビタミンはもちろん健康にいいものではありますが、薬との飲み合わせ次第では全く栄養素のないものとなってしまうということを覚えておくといいかもしれません。

それから、ビタミンB6はパーキンソン病に用いられる薬との飲み合わせが悪くなっています。薬の効果を抑止してしまうので、パーキンソン病の治療を行っている人も注意が必要です。サプリメントとしてビタミンを摂取する人も最近は増えてきていますが、サプリメントだからといっても成分はビタミンなら薬との飲み合わせに気をつけるべきです。