Home > 肉と飲んではいけない薬

肉と飲んではいけない薬

肉と一緒にとってはいけない薬の種類はパーキンソン病の治療薬です。肉に含まれるたんぱく質が薬の吸収を妨げてしまうことがあるからです。それから、高血圧患者に処方される降圧剤にも注意が必要です。痛風患者の治療薬にも影響が出てしまうことがあります。

高血圧や痛風の治療薬と肉を一緒にとった場合、たんぱく質の吸収が高まってしまい、薬の効果がかなり強く出てしまいます。強すぎてしまうというのも薬の効果としては良くありません。

パーキンソン病は薬の効果が抑制され、高血圧や痛風は薬の効果が強く出過ぎると覚えておくと分かりやすくていいかもしれません。とは言え、人間にとってたんぱく質は必要です。全く肉をとらない菜食主義になる必要はないので、薬を服用しない時間帯の食事には大いに肉を取り入れるようにします。そうしないとパワーが出ません。肉はエネルギーとなることから、体調の悪い人などの活力にも繋がることがあり、適度にとるようにすることが大事です。